ホームページをご覧いただきありがとうございます。私たち、シービーエフ体育指導スタッフは「運動」を乳幼児期から高齢者までの「健康づくり」および「豊かな生き方」をするうえで欠くことの出来ないものであると考えています。
特に、乳幼児期の「体育あそび」「運動あそび」は生きていくための身体面・精神面の基礎を育むためのものであると考えます。
 
乳幼児をはじめとする基礎運動能力の低下傾向に歯止めがかからず、「走る」「跳ぶ」「投げる」などの基礎運動能力が、男女かかわらず多くの年代層で低下傾向が続いています。
『子どもたちを取り巻く環境の変化』から『子どもたちの変化』へと時代が変わってきました。「すぐに疲れる」「すぐに座りたがる」「よく怪我をする」「外に出たがらない」「食べ物の好き嫌いが多い」「友だちとうまく遊べない」「モノを大切にできない」「きちんとあいさつが出来ない」など、こういった子ども達の日常での変化も、こどもたちの基礎体力減退の影響であると考えます。
 
私たちが「体育遊び(体操保育)」あるいは「運動プログラム」を通して目指すものは、【基礎体力の底上げ】です。様々な体の動きを子どもたちや先生たちと日々汗をかき、様々な遊びを通して社会性や集団生活を学ぶことが、就学前の大きな目標であり、今後の人生を豊かにするための基礎ではないでしょうか。

 
代表 田中 孝典

業務内容

     正課体育指導

明るく元気な指導員が行う、子ども達全員参加する、一斉体育指導です。

課外体育指導

施設の一部を使用して行う、専門講師による教室クラブです。

野外活動

自然・生き物・屋外での活動を通して、豊な人格形成をはぐ育みます。

ブログ更新しました⇒GO

教室クラブの様子や、野外活動(わんぱくクラブ)の活動の様子を出来る限りタイムリーでお届けしています。

 
 
 
 

未就園児親子教室

施設をおかりして行う、就園前のお子様、保護者の皆様向けの行事です。施設(園など)のアピールの場としてもご利用いただけます。

運動会運営サポート

運動会の構成、プログラムの演技、競技種目、曲選びなど運動会行事に関わるすべてのことをサポートします。まずは、お問い合わせください。

トラブル対応

保護者からクレームの対応や、施設内での怪我や事故を未然に防ぎ、トラブル発生率をさげませんか?
お一人で悩まず、まずはご相談を!秘密厳守。

指導者育成制度(スポット指導)

いい指導者をより多く育成するための、「指導者育成制度」をぜひご利用、ご協力ください。

未就園児親子教室&子育て支援

また来たくなる未就園児教室

 今や多くの園が手がけるようになった未就園児親子教室。内容も多岐にわたり、あの手この手と試行錯誤されている姿が見受けられます。その成果はぜひとも園児獲得につなげたいものです。私たちは「また来たくなる」をコンセプトに、保護者の方々には園の施設や雰囲気を知っていただき「ここに通わせたい」と思っていただけるように企画し、園の方々には、未就園の子ども達と慣れ親しめる場として運営いたします。

運動会運営サポート

伝統は大切に!でも、プログラム進行はスッキリと!

 運動会といえば年間行事の中で、もっとも手間と時間のかかるものではないでしょうか?本番当日の進行やそれまでの準備、数えだしたらきりがありません。実際少し億劫になることもあるかもしれません。でも、その分、先生や子ども達も終わった時の達成感には計り知れないものがあります。しかし、もっとスッキリ準備が出来たり、もっとテンポよく当日を進めることが出来れば、運動会をもっと有意義に迎えることができるのではないでしょうか?私たちは、例年以上の運動会をご提供する自信があります。独自の実践調査から、現状の運動会の課題点を探し出し、各学年・各プログラムのポイントをお伝えします。たとえば、親子競技のポイントは「3:7」です。お気軽にご連絡お待ちしております。

 

指導者育成制度(スポット指導)

必要な時に、必要なだけ、「新しい風」としてご活用ください。

 子ども達への体育指導、先生方への補助研修(マット、跳び箱、鉄棒、ボール、縄跳びなど)を、日程調整の上、ボランティアで行います。
私たち「幼児体育指導者」は子ども達と対峙してこそ、はじめてその指導力を磨き高めることができます。特に初顔合わせの時は、自分の持てるすべての力を最大限に引き出そうとします。また、子ども達もいつもと違う緊張感を感じることで、お互いに学び合える時間を過ごすことが出来ることでしょう。さらに、諸先生方へは跳び箱などの、”幼児向け”補助の仕方をお伝えします。指導費用はいただきませんので、ご連絡いただいた所より優先的に実施し、空き日程が埋まり次第、29年度は終了となります。

 

正課体育

私たちが大切にしたい4つの柱

○○○基礎体力の向上○○○

私たちは、 サーキット運動あそびを主として行いながら、短い時間の中で多くの全身運動を取り入れ、豊富な運動量を楽しみながら行うことによって、全員の子どもたちがしっかり汗をかくことを目標とし、こういった繰り返しの中から子どもたちの基礎代謝の向上を目指します。
※サーキットとは、野山を体育遊具に見立てて、走る・跳ぶ・くぐる・よじ登る、などを周回しながら楽しく学ぶ運動プログラムです。
 
○○○調整力(神経系)の発達○○○

神経系の発達の8割は就学前、すなわち今の幼少期で形成されると言われております。よって、この時期の過ごし方が、その後の人生に大きく影響することは言うまでもありません。私たちは、たくさんの全身運動を行いながら運動量を確保し、心肺機能向上、脳の活性化に併せて、神経系を刺激し、調整力の向上を目指します。
※調整力(平衡性、敏捷性、柔軟性、巧緻性、協応性、瞬発力、持久力など)
 
○○○仲間づくり○○○

基礎体力の向上や神経系の発達のような身体面の成長とは別に、精神面の社会性、協調性の学びにも取り組みます。ルール性のあるあそびを通して、聞く、考える、理解する、行動する、といったことや、集団ゲームを通して、自分の役割やチーム意識の芽生えを促します。こういった経験から、人との関わり方や人との違いを知り、社会性、協調性を学びます。
※ルール性のあるあそび(おにごっこなど)、集団ゲーム(ドッジボールなど)
 
○○○大きな学び○○○

はじめと終わりのあいさつや、話を聞く時、体を動かす時のけじめをつけ、楽しさの中にもメリハリをもって行います。
また、しっかり身体を動かしながら、目標・課題に向かって取り組むことにより、「やれば出来る」「何事もあきらめない」「自信」を子どもたちに学んで欲しいと思います。
ひとり一人、好き嫌いが違うように、子どもたちひとり一人がもっている個性があり、可能性があります。
その個性・可能性を体を動かすことを通して引き出したいと思います。
 
私たちはけがのないように、どの子どもたちも運動好きで、体育のコーチが来るのを楽しみにするような、そんな指導者集団でありたいと思います。 

課外指導

私たちが大切にしたい3つの柱

サーキットあそび


課外体育教室のメインプログラムである「サーキットあそび」は、一定のコースに設定された、遊具の上をよじ登ったり、トンネルをくぐったり、一本橋を渡ったり、マットの上で転がったり、実に多彩な動きを連続して繰り返し経験することが出来ます。
 幼少児期の子ども達は、神経系の発達が著しいことが特徴の一つで、普段の日常生活ではあまり経験できない動き(身体の使い方)を、繰り返し経験することで、身体のコントロール能力を高めることが出来ます。
 つまずいてバランスを崩した時に、転ばずに体勢を立て直すことができたり、または転んでもとっさに手を着いて安全に身を守ることができるようになります。 
 また、跳び箱や鉄棒など少し難しい技能的な課題にも挑戦しますが、少しずつ段階を踏んで、練習していきますので、それぞれが課題意識を持って無理なく取り組むことが出来ます。あきらめずにチャレンジする強い心を養いうことが出来ます。
 さらに、ほとんど止まることのなく、コース上を走り続けるので、短い時間でも十分に運動量をとることができるので、本来子ども達が持つ運動欲求を満たすことも出来ます。
 「基礎運動能力の向上」「運動量が豊富」「諦めないチャレンジ精神の育成」と、まさに幼少児期の子どもの成長に適したプログラムだといえます。
 

手具あそび

グループあそび

わんぱくクラブ(野外活動)

できることがすべてではない!
しかし、できないことには何もはじまらない!!
小さな「できた!」の積み重ねが、やがて彼ら彼女らのゆるぎない『自信』になりますように・・・。

直接体験を基本に自然の中での活動や宿泊キャンプなど通じて「食物連鎖や命の大切さ」・「自立や共生」の中から「生きる力・生き抜く力=自己生成」することを目標とした『わんぱくクラブ』を運営しております。
年々、自然が減り。年々、子ども達の遊ぶ場所が減り。年々、子ども達だけで遊ぶことが減り。年々、わくわくドキドキすることが減っている。
 わんぱくクラブでは、いろんなことに興味を持って、いろんなことにワクワクできる時間を
 より多くの子ども達に提供するために、日々クラブ活動を運営しています。
 『自然の中でおもいきり遊ぶこと、自然を直接体験してみること』そんな経験から、子ども達自身が自分にとって必要なものを見つけ出し、子ども達がイキイキと出来るようにこれからも活動の場を広げたいと思います。
 

 

兵庫県 新温泉町

クリックすると拡大します。

 

海キャンプ

驚くほどきれいな海と潮風は、夏のあそびの宝庫です。朝から晩まで楽しい時間がいっぱいです。
夏休みの貴重な思い出の1ページ作り。
わんぱくクラブが実施する、宿泊キャンプ活動のモットーは、子どもたちの一人一人の安全を第一に考え、子ども達自身が体で体感する「直接体験」を大切にしています。親元から離れ、大きな海でたくさん泳いだり、山の中でたくさんの自然に触れるといった「日常生活」では経験できない「非日常生活」を楽しむことによって子ども達にはたくさんの思い出を作っていただきたいと思います。

山キャンプ

緑に囲まれた空間での活動はゆったりと流れ、それは別世界の体験です。
夏岡山県美作市にある「トム・ソーヤ冒険村」。トム・ソーヤ冒険村は、周囲が山に囲まれた大自然の中にあり、そこには川が流れ、アスレチックもあり、たくさんの自然を触れることの出来る場所です。
キャンプでは、魚のつかみ捕り、クラフト作りや野外炊事、2日目の昼食には「流しそうめん」を体験しました。夜は、虫の鳴き声を聴きながら就寝します。子ども同士で寝食を共にしてゆっくりと過ぎて行く時間をゆっくりと過ごします。

スキーキャンプ

兵庫県 ハチ高原スキーキャンプ
“楽しくレッスン”をモットーに、初級者の子どもたちには、雪に慣れることや、基本練習の習得を中心に行います。中級者・上級者の子どもたちには、SIA(国際職業教師連盟)・SAJ(全日本スキー連盟)の検定科目を参照し、わんぱくクラブ独自のレッスンを行います。

雪あそびキャンプ

兵庫県牧場公園でのキャンプです。温泉に入ったり、うどん作り体験もやります。
たくさんの雪の中で雪合戦をしたり、ソリで遊んだりと雪でたっぷり遊べるキャンプ。時間にだいぶん余裕をもって取り組んでいるキャンプ。毎年大人気のキャンプです。

スタッフ紹介
 
私たちはまだまだ小さなチームです。
それでも、ひとりひとりが小さな風となり、
人に、社会に、子ども達に、大きな風を吹かせようとしています。
みなさまのご指名ご協力を心よりお待ちしております。

 

田中 孝典

   趣味:釣り具や巡り
   特技:魚釣り

東 智之

    趣味:映画鑑賞
    特技:早口言葉

 濱田 崇史

   趣味:パワースポット巡り
   特技:暗算


料金表